脂肪だけじゃなく、筋肉をつけながら太る方法はこれ!

投稿日:

※この記事は、看護師の友人に協力していただきました。

今細くて悩んでいる人でも、「単なる太っちょになりたい」という方は少ないと思います。
…まぁ、ガリガリよりはだいぶマシだと思っている方も多いと思いますけどね。

それでもやっぱり、あくまで”健康的に太りたい”ですよね。
何というか、「体全体にボリュームを出す」と言いますか…。

 

そのうえで、実は筋肉をつけながら太るというのは、忘れてはいけないことなんです。
そこでこの記事では、筋肉をつけながら太る方法についてご紹介しますね。

筋肉をつけるなら太る:食べ物編

食べ物から、体は作られると言っても過言ではありません。
いかに頭で理解して、必要な栄養素とカロリーを効率よく摂取するかで、見違えるほど体型は変わっていきます。

そして、大事なことはバランスよく食べることです。
まずは、筋肉がつきやすい食べ物について、ご説明しましょう。

≪タンパク質≫

筋肉を作るには絶対的に必要となる栄養素です。
タンパク質を多く含む食材は、以下の通りとなります。

鶏むね肉・ささ身・豚ヒレ・牛肉・鮭・マグロ・カツオ・豆腐・卵・牛乳・納豆

≪ビタミンB6≫

タンパク質の代謝を助け、アミノ酸に変化させる役割を持っています。
また、ビタミンB6は筋肉痛を和らげる効果もあります。

ニンニク・パプリカ・カイワレ大根・マグロ・ごま・抹茶・唐辛子

≪マグネシウム≫

筋肉疲労の回復を助ける栄養素となります。

納豆・枝豆・牡蠣など

≪炭水化物≫←特に大事!

エネルギー源となりますので、筋肉をつける時には必要な栄養素です。
同じエネルギー源でも、脂質やタンパク質よりも、素早く使えるのが炭水化物の特徴となります。

炭水化物から得られる糖質は、体内で余ればすぐに脂質にかわり蓄積されますので、太りたい方は特に炭水化物を多く摂取するように心掛けて下さい。
糖質が不足すると体力の低下や疲れやすくなりますので、筋肉をつける時には十分な炭水化物を摂る必要があるのがお分かりでしょう。

米飯・麺類・いも・果物・砂糖・はちみつなど。

≪脂質≫

脂質には、常温で液体の「油」である、なたね油やごま油と、常温で固形のバターやマーガリンなどの「脂」があります。
脂質はビタミンの吸収を助ける役割を担っており、不足すると発育に障害をきたしたり、皮膚炎などを起こします。

また、三大栄養素の中では最もエネルギーも高く、過剰摂取により肥満などの生活習慣病になるため、脂質の摂り過ぎには注意を促しますが、もともと痩せていて太りたい方には、ちょっと摂り過ぎくらいがちょうど良いかと思われます。

脂質には動物性・植物性脂質と魚からも撮れますので、バランスよく摂取しましょう。

 

筋肉をつけながら、脂肪もつければ、体重も増え一石二鳥かもしれません。

これらの筋肉に良いとされている食品を多く摂取することは勿論ですが、毎日3食しっかりと食べることやお菓子や清涼飲料水ではなく、バナナやチーズなどエネルギー源となるようなものを選びましょう。

また、就寝前にタンパク質を摂取すると、寝ているうちに成長ホルモンが出て筋肉を成長させてくれます。

筋肉をつけながら太る方法:運動編

筋肉を肥大させるには、できるだけ高負荷で少ない回数のトレーニングを行う必要があります。
イメージとしては、筋肉痛が起きる位の高負荷で短時間でヘトヘトになるようなトレーニング(無酸素運動)です。

毎回、自分の限界を感じるトレーニングを行うと、間違いなく筋肉が大きくなります。
筋トレをした後は、筋肉疲労を起こしますので、その疲れをとるための時間を超回復と言います。

 

回復する時間を保った後に、再び筋トレをすることで、新たに筋肉が作られます。
超回復に要する時間は、部位や筋肉の大きさ等により24~72時間程度必要です。

本気で食べて、本気で筋トレしましょう
そうしれば、「ガリガリ」「痩せすぎ」「細すぎ」でも必ず太ることができます。

 

実際のトレーニングメニューについては、ガリガリからマッチョになった、以下の体験談が参考になります。

⇒ガリガリからマッチョになった、トレーニングメニューはこちら

筋肉をつけながら太る方法:補助食品編

≪プロテイン≫

プロティンとはタンパク質を補うサプリメントとして有名です。
脂肪分がないため、カロリーを気にしないで摂取できるというメリットもあり、最近ではプロティンだけではなくカルシウムやビタミン等も一緒に摂取できるようなタイプもあり種類が豊富になっています。

”ガリガリで太りにくいけど、太りたい人専用のプロテイン”なんてのもありますよ。
私の友人は、3か月で4kg太ったそうです。

ちなみにもし太れなかった場合は、返金してもらえます。

⇒”ガリガリ専用”のプロテインを、3か月飲んだ結果…

≪BCAA≫

BCAAは必須アミノ酸の総称で、体が成長するときには絶対に必要な栄養素であり、体内では作られないため、食品などから摂取しなければなりません。
食事で毎回摂取しようとすると難しいので、サプリメントを上手に使用すると良いでしょう。

BCAAは、筋肉の成長や増強効果の他に、乳酸産生を抑制する力や集中力をアップも期待できます。
最近では、必須アミノ酸9種類が入っているEAAサプリメントも販売されています。

≪クレアチン≫

クレアチンはアミノ酸の一種で体内で合成され、エネルギー源をして筋肉で貯蔵するので、瞬発力を必要とするスポーツ選手には特に有効です。
クレアチンは直接、筋肥大を促すサプリメントではありませんが、筋肉に貯蔵できるエネルギー源であるため、筋トレに耐えれる体作りに必要ということになります。

≪アミノ酸≫

吸収する時間が早く、疲労回復に要る時間を短縮することができます。
また、アミノ酸は免疫力をアップさせる効果もありますので、筋肉トレを行う際には他のサプリメントと合わせて使用せると良いでしょう。

アプリの利用で、モチベーションアップ!

摂取した食事のカロリー計算をしたり、体重管理などのアプリを利用し、記録を残していくと、実際にどのくらい増えたか?が数字で見れるようになります。
私たちは数字などで評価できるようになると「達成感」が得やすく、「評価」もしやすくなります。

その結果をみて、さらに目標設定もしやすくなりますので、このようなアプリを上手に活用することをおすすめいたします。

まとめ

今回、太る方法の一つとして「筋肉をつけながら」をテーマとしましたが、参考になりましたでしょうか。
ただ「太りたい」とか「体重を増やしたい」とかではなく、筋トレをしながら太るというのは、時間もそれなりにかかるでしょうが、非常に健康的な太り方であると考えます。

食事と筋トレ、頭でキチンと理解して始めることで効率的かつ有効に作用しますので、是非はじめてみて下さい。

⇒僕がガリガリから半年で細マッチョになった方法(59→64)

楽して太りたい人向けの補助食品ランキング

1位:Dr.FutoreMax<短期間で健康的に太りたい人向け>

  • 痩せすぎの方向けの、”太る専用”プロテインです(男女に人気)
  • 他のプロテインとは違い、太れない体質でも太りやすい特殊なたんぱく質を使用
  • 健康的に太るために、必須アミノ酸と準必須アミノ酸をすべて配合
  • お腹が痛くなったり、便秘や下痢になりにくいように、乳酸菌も配合
  • 国産&無添加なので、安心して続けられる
  • ただし、特殊なプロテインなので値段は高め
  • もし太れなければ、30日間であれば返金してもらえる
  • 「これさえ飲んでいればOK」という製品を探している方にオススメ!
  • 私の使用レビューはこちら
↓公式サイトはこちら↓
Dr.FutoreMax

2位:プルエル<食べても太れない・食欲がない人向け>

  • 7種類の消化酵素が含まれているので、「食欲が増える」「食べた栄養が、ちゃんと体に反映されるようになる」「便秘や下痢になりにくい」
  • つまり普通の人と体質が近くなる
  • でもプロテインと違ってカロリーはほとんどないので、サプリとは別にちゃんと食べないといけない
  • 国産&無添加
  • 私の使用レビューはこちら
↓公式サイトはこちら↓
プルエル

3位:ヘビーウェイトゲイナー<1杯で900kcalとれる海外プロテイン>

http://qq1q.biz/AHIx

  • カロリー:977kcal、タンパク質:54g、炭水化物:128g、脂質:28g、砂糖:44gという、国内プロテインの10倍くらい栄養が摂れる
  • ただし一回で750gを飲まないといけないので、飲むのに30分くらいかかる
  • 頭痛・吐き気なんて当たり前の甘さ
  • 日本人はお腹を壊したり、肌が荒れやすい
  • 砂糖が毎食40g以上で、スターバックスのモカフラペチーノと同じくらい含まれているので、毎日飲むと糖尿病になりやすくなるかも
  • 海外での販売限定なので、届くまでに2週間くらいかかる
  • 不健康でもいいから、体重を増やしたい人向け!
↓公式サイトはこちら↓
ヘビーウェイトゲイナー 900

-太る方法

Copyright© 健康的に太る方法 , 2018 AllRights Reserved.

 特定商取引法 プライバシーポリシー